カタカナ表記は使えない

琉歌をやるひとなら誰でも歌える「かじゃ廙ふーぶし」を例にとってみます。分かち書きカタカナ表記にしても歌の内容=曲想がまったく表現できないのが分かるでしょう。

<カタカナ表記>
キユヌ フクラシャヤ ナウニジャナ タティル
ツィブディ ウゥル ハナヌ ツィユ チャタグトゥ

短いものでも分かりにくいのに、長い歌詞となったらどうしようもありません。本ブログで推奨する沖縄文字を使用して表記すると

<沖縄文字表記>
ぬふくらしゃや な歹にじゃなた廒る
滋ぶ廙歹るはなぬ 滋ゆたぐ婢

のようになります。いかがでしょうか。沖縄語の意味も発音もちゃんと取れます。参考までにこのブログにある「金細工節」を見れば、これをカタカナ表記で読まされるのは苦痛です。仮名文字を変形させた字体は必ずしも美しくないかも知れませんが、今のところこれより優れた表記法はないでしょう。例の琉歌でカタカナ表記の「ウゥ」は「u」の非破裂音を表す約束ですが、初見だと「うぅ」と唸りそうです。実際に「うぅ」と発音しているとんでもない歌い手がいました。

沖縄語をカタカナ表記する人たちが「言葉は基本的には音(音声)だから」というのは否定しませんが、音声絶対主義でカタカナ表記に固執するのは誤りです。共通の祖語から派生した沖縄語なのですから、共通語話者にとって理解、発音しやすい方法を取るべきです。

「初級 沖縄語」について

今年の1月に出版された「初級 沖縄語」(花薗悟著、国吉朝政協力、西岡敏、仲原穣監修 研究社 2420円)(琉球新報社の書評)です。
<想定読者>
本書全体は外国人への初級日本語教育テキストの体裁で、沖縄語の日常会話ができるようになっています。しかし、この本の沖縄語が話せるようになったとしても、それを使用する場がありません。地域、学校、職場で沖縄語は使われていないのです。つまり、誰も話さない言葉を学習することになります。沖縄語の保存・継承を目的とするのであっても、生活、文化に根ざしていないのでは意味ありません。著者は「首里方言をベース」にしたとのことですが、その妥当性については明らかではありません。沖縄本島内でも各地の方言(島言葉しまく婢ば)の差異が大きいので、この本の沖縄語が通じない地域が多数あるはずです。特に琉球王国時代に人頭税を始め過酷な徴税に苦しめられた宮古、石垣、与那国には独特の方言があり、王国の御殿言葉でもあった首里方言には強烈な反感があります。
<確認不足>
ある書評では掲載文に明らかな誤りがあることが指摘されています。一例として、第9課で共通語の「元気なはずです」を「ガンジューナ ハジ ヤイビーン」としているのは、「ガンジュー ヤイビル ハジ」が正しいと指摘されています。著者は大学の研究者なのですから、母語話者複数名から十分な確認を取るべきで、本として出版する以上、初歩的な誤りがないようにしたいものです。なお、その書評では母語話者に確認しながら本書で学習すべきと注意があります。これでは身近に首里語話者がいないと、この本では沖縄語の正しい学習ができないことになります。
<表記>
沖縄語が全てカタカナ表記になっているので、非常に読みづらいです。「漢字を用いると漢字に頼ってウチナーグチの音を憶えなくなってしまう危険性がある」としていますが、どのような実証がなされているのでしょうか。ちゃんと実証比較をせずに「危険性がある」と断定するのは、大学の研究者としていかがなものでしょうか。同じ日本語を祖語としている共通語(いわゆる標準語)の読者にとっては、漢字仮名混じり文で書かれた方が読みやすくて当然です。ウチナーグチの音を憶えるかどうかとは別問題です。参考までに「んかしむぬがたい」(國吉眞正 琉球新報社)に目を通されることをお勧めします。また、ウチナーグチ特有のグロッタル音(声門破裂音)について「この音の習得が容易ではない」という理由から、まったく重きを置いていません。しかし、私が以前出席していた沖縄語の教室では、初学者であってもすぐにできるようになっています。なお、その教室にはこの本の著者も自身の職業、参加目的を明らかにせず数回参加していましたが、一言も発することなくじっと黙って座っていたのが印象的でした。
<結論>
以上、これから沖縄語を勉強しようとするひとの多くは沖縄民謡のためと思われますので、本書のような語学テキストではなく、たとえば「うちなーぐちさびら」(船津好明 琉球新報社)や「沖縄語の入門」(西岡敏、仲原穣 白水社)を読まれることをお勧めしておきます。

沖縄口朗読用読本「昔物語」

琉球新報社からうちなーぐち朗読用読本「んかしむぬがたい(國吉眞正)が先月出版されました。全50話中前半の25話の著者による朗読音声CD付です。見開き2ページで物語本文と語句の説明というレイアウトです。本文は沖縄文字で記述され、漢字には全て沖縄文字のルビが振られています。語句の説明は沖縄語の初学者でも分かりやすい親切なものです。巻末には全50話の共通語(いわゆる標準語)訳があります。

今までに出版されてきた沖縄語書籍は、まず発音表記がまちまち、あるいは誤りだらけで、沖縄語辞書にもない語句の説明もなく、実際にどのように発音されるのか、まったく不明のものばかりでした。かろうじて一冊だけ、「沖縄語の入門」(白水社)がCD付きで、かつ語句説明もしっかりしたものとしてありました。とは言え、「沖縄語の入門」の方は、まとまったストーリーのあるものではなく、沖縄語の紹介としての役割が与えられています。

「昔物語」ではストーリーの記述、登場人物の言葉遣いが、丁寧語、尊敬語、謙譲語、日常語などに書き分けわれているので、シチュエーションによりどのようになるのかが、とてもよく分かります。断片的な沖縄語ではなく、言語の持つ生活実態や文化・時代背景が活き活きとして、沖縄語の持つ豊かな音韻と語句を学習する上で、今のところこれ以上の本はないと言ってもいいでしょう。

かなりの高齢者を除き、今では大多数の沖縄県人は沖縄語が話せないし、理解できません。インターネットにある沖縄語のほとんどはデタラメです。三線の師範と言われる人たちや、伝統芸能の組踊演者も、発音があやふやだったり、歌詞の解釈が誤っていたりしています。言語は文化の根幹ですが、沖縄語はまさに絶滅危機言語になっています。これから沖縄語の保存・継承は容易ではないでしょうが、次世代の沖縄県人への指針として本書が役立つことを願っています。

「廃藩ぬさむれー」は沖縄語の未来?

CD:風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~に収録されている嘉手刈林昌(1920-1999)の「廃藩ぬさむれー」です。嘉手刈が8歳の時に母と一緒に作ったそうですから、琉球処分による沖縄県設置から、ほぼ50年後ということになります。たんめー(士族言葉で祖父、老翁、平民言葉では、うすめー)と指すので、元士族(さむれー)身分のお年寄りなのでしょう。おそらく20、30歳代のころに琉球王国に仕えた士族で、処分直後には士族仲間といつの日か王政復古に立ち上がろうと意気軒昂であったものの、歳を取るにつれてその志は衰え、身なりも木製のフージョ―(煙草入れ)と粗末な笠と草履、腰も曲がって、ついに髪も切ってしまいました。そして、沖縄語も捨てて、何かと言えば共通語を使うようになってます。

沖縄語が使われることがなくなった今この唄を聞くと、まさに沖縄語への挽歌に聞こえてしまうのは私だけでしょうか。どれほど沖縄語の復活を声を枯らして叫んでみても、もはや時を逆転することは不可能でしょう。余談ですが、沖縄語を知らないころに東京銀座にある沖縄物産店の「わしたショップ」を「鷲田さんのショップ」と思い込んでいました。「わした」とは沖縄語で「我ら」のことなんですね。沖縄語には「我達わったー」もありますが、「した」は文語や強調に用います。

「平組」は中国清の辮髪、「カンプー」は首里王朝の男子髪型ですが、この場合は本土の丁髷(ちょんまげ)、「カタカシラ」は頭髪を頭の上に丸めた沖縄成人男子の髪型のことです。

1.歹が廒なちかさや 廃藩はいばんぬさむれー
こーぐまが廒 うすんかがん
(※繰り返し)
とー懲らぐん 大和やま婢カンプー
した沖縄うちなーや カタカシラ

2.みがぐりさや おーがさかた廒ー
ちーフージョーくしに アダニサバ

3.しばし国頭くんじゃんぬ うくしぬ
婢むあがる 時節じしちたな

4.あんちゅららさたる たんめーカタカシラ
大和やま婢ーになたれ 断髪だんぱちけーな廒

5.大和やま婢になたれ 大和やま婢ぐちたんめー
うっちぇーひっちぇー ぬーにん惘ーにん あんしてくださいねー

理解不能?な組踊

沖縄の伝統文化の粋である歌舞劇「組踊」が上演される機会がありますが、そこで配布されるプログラムに内容理解のための台詞が掲載されていることが多くあります。ところが、それが実際に舞台で歌われたり、唱えられているものと違っているので、観客にはまったく理解できないものになっています。一例として「執心鐘入」の出だしの一部を紹介します。引用させていただいたのは

組踊
観客のための現代仮名遣いで易しく読める
執心鐘入
編者 國吉眞正 音源調査・聞取り 遠藤友和
発行時期 2017年9月
発行 沖縄言語教育研究所

です。この資料は正確な記述で、今後長く参照される価値があるものです。

伝統的表記例<参考>
若松道行歌 金武ぶし
るてだや西にし
ぬのだけになても、
しゅみやだいりやてど
ひちよりきゆる。
若松詞
わぬや中城なかぐすく
わかまつどやゆる。
みやだいりごとあてど
しゅにのぼる。
(以下略)

現代仮名遣い(舞台での歌・唱えと一致)
わかま滋みちゆきうた ぶし
る廒だや西にし
ぬぬだき廒ん、
しゅめでいや廒嬨
一人懲ちゅいちゅる。
わかま滋
んやなかぐ流く
わかま滋嬨やゆる。
めでいぐ婢あ廒嬨
しゅぬぶる。
(以下略)

せりふの意味など
歌 金武節
日は西に傾いて、布の長さほどに地平線に迫り、暮れているが、首里に公用があって一人で行くのである。
若松
私は、まさに中城若松である。ご奉公のことがあって、首里に上る。
(以下略)

発音表記が正確で、詞章と実際の唱えとの対比や、沖縄語の意味がよく分かります。

ところが、プログラムによく記載されているのは上記の「伝統的表記」のみが掲載されるのがほとんどで、舞台で演じられる台詞との乖離があるので、観客はまったく理解できなくなります。さらに、「現代仮名遣い」で沖縄文字によりここで正確に表記されたものと、実際に演者が未熟ゆえ異なっている場合も多々あります。台詞や歌の意味を記載しているプログラムもありますが、この「せりふの意味など」のように正しく伝えず、解説者の能力不足から記述に誤りが散見される始末です。これでは無形文化遺産が泣きます。 おそらく演者は師匠から教わった通りにやっているのでしょうが、その師匠からして首里語ができず、正しい発音ができていないのでしょう。首里語話者がほぼ絶滅した現状では音声アーカイブによってしか発音が学べません。残された音声資料を手掛かりに、発音の研鑽を師匠、演者とも真剣に取り組むべきでしょう。解説者も固有表現、慣用表現に精通してなければなりません。「どうせ観客には分かるまい」と、いい加減に組踊を続けていてはお先真っ暗です。うちなーぐち、特に首里の言葉の持つ美しい響きあっての組踊です。

風姿花伝

NHKEテレの「古典芸能への招待」に歌人の馬場あき子先生が出演されていました。私は和歌をやっているわけではありませんが、先生とお呼びするのは、私が中学生の時に国語担当の教師として教えられていたからです。先生はまだ子供の私たちに、世阿弥の風姿花伝にある「秘すれば花なり」「花」について熱心に説明されていました。また、百人一首を暗記するよう教えられました。出演されている先生を見て、風姿花伝を読み返してみました。世阿弥は「歌道は、風月延年の飾り」として、能の修行に加えるただ一つのものとしています。和歌の韻律と風流の中に「花」を認めたのです。

そこから沖縄伝統舞踊劇である組踊について考えると、演者は琉歌をどれほど修行しているのでしょうか。その基礎となる沖縄語が話せない若い演者はどうなのでしょうか。8886の独自のリズムの琉歌と沖縄語の基礎がない演者の組踊は、単なる先達の舞の物まねになってしまいます。後継者がこの状態なら、無形文化遺産だ人間国宝だといっても、将来それこそ絶滅します。組踊五番の玉城朝薫は能の名手で、能をいわば本歌取りした組踊の作者です。それを演ずるものは、琉歌と沖縄語(特に首里言葉)に通じていなければなりません。加えて、能を上手に舞えることも要求されます。これは大変な修練、修行を要することですが、若手の演者にその覚悟が求められます。

亡びゆく言語を話す最後の人々

「亡びゆく言語を話す最後の人々」K.デイビィッド・ハリソン 川島満重子訳2013年(原書房)を読みました。うちなーぐちの若い研究者のEさんから教えてもらった本です。Eさんは尺八の師範で、東北出身ながら首里言葉や唄三線をマスターしています。さて、この本ですが、世界に現存する約7千言語の半数以上が絶滅の危機にあること、そして少数民族しか話すことができなくなった言語が絶滅することが人類の知的資産に大きな損失であることを現地調査を通して訴えています。

本書には記述はありませんが、うちなーぐち(沖縄語)について考えてみました。長年にわたって学校教育での徹底的なうちなーぐち撲滅が行われ、家庭内でも共通語(いわゆる標準語)の使用がすすめられました。その結果、70歳以下の沖縄県人のほとんどはうちなーぐちが話せなくなったのです。旧弊なうちなーぐちを廃して、共通語(いわゆる標準語)で話すことが沖縄県の進歩・発展に不可欠と判断してのことだったのです。うちなーぐちと共通語との、いわばバイリンガルの道を取らなかったことが、今日のうちなーぐちの消滅危機を招いています。

うちなーぐちが消滅しても、共通語で沖縄県人に何の不利益がもたらされるのでしょうか。沖縄県人が県外に働きに出ても、県外からひとが来ても同じ言葉が通じるからよしとする意見が多数です。それは認めますが、うちなーぐちが消滅してしまえば、その言葉でしか表現できない伝統芸能も、常に共通語を仲立ちにしなければ理解できなくなります。うちなーぐち独自の言い回しや表現の面白さなどなくなります。また、口承で伝えられていた民族の知恵、ウィット、ユーモアに溢れる話もなくなります。以前に紹介した琉歌です。

与那ゆなたか懲らやあしは廒嬨ぬぶ二人たいなりばくるまとーばる

の中にある「くるまとーばる」は牛馬でサトウキビを圧搾するための機械が回せる平地のことがすぐに頭に浮かんでこなければ、この琉歌を正しく鑑賞できません。また、いとしい女性をと呼ぶことを他の琉歌の中でどう語られているのかを知れば、この琉歌が心にしみじみと感じられるでしょう。

日本人全員が英語しか分からなくなったら、日本文化がどうなるか想像してみてください。おそらく後10年もすれば、うちなーぐちを母語とする最後の話者が消えるでしょう。そうなる前にうちなーぐちの保存が望まれます。沖縄県庁が主導して「しまくとぅばの日」を制定して保存のための試行が続いていますが、数百にも達する「しま=村」「く婢ば=言葉」を個別に保存・継承するのは困難です。私が提案するのは、まず県民が共通うちなーぐちとして首里言葉が話せ、その上で個々の「しまく婢ば」が話せるようにしたらどうかということです。それには学校での首里言葉教育が必要ですが、すぐに「学習負担が」という声が出そうです。しかし、文化や伝統、沖縄県人としてのアイデンティティーを失うことは(そうなりつつありますが)、何よりも大きな損失です。それに、2、3か国語が話せるスイスやベルギーで「学習負担が」などという声はありません。

揄ーや、沖縄うちなーちゅぬ望じとー廒、沖縄口うちなーぐちからんばー
君は沖縄の人のくせに、沖縄語も分からないのか

と私のようなものに言われる現状を何とかしたいものです。

「うちなーぐち」Google検索(2)

「うちなーぐち」をキーワードにして、Googleで検索した続きです。

6.うちなーぐち(沖縄語)辞典|沖縄市観光ポータル|KozaWeb
まともなうちなーぐち紹介として、評価できます。単語が羅列されている辞書で、用例が貧弱です。辞書のページのサイドにじゃばいろん(敬称略)の紹介がありますが、この辞書にどうかかわったのか明記がありません。また、うちなーぐち独特の発音を表記する仮名文字組み合わせが、「語彙、また特有の表記(ゐ、をぅ、うゎ等)は主に『沖縄語辞典』(国立国語研究所編)を参考にした」とのことですが、これを閲覧者に伝えてどうにもならない気がします。また、仮名文字組み合わせで上記の辞書は引けません、仮名文字と音韻記号の対照表を別表にでもして、便宜を図るべきです。「辞典と称する割に簡略的なのは諸事情による」そうですが、この「諸事情」が手抜きでなければ幸いです。現状では掲載の意味がないと思います。

7.ウチナーグチ(うちなーぐち)とは | 沖縄方言辞典 あじまぁ
3,500を超えるうちなーぐちの辞書がありますが、発音に無頓着です。正しい発音の付いていない辞書は実用上意味がありません。「この辞典について」で南部方言を中心にしているとのことですが、「南部」はあまりにも漠然としていて、どこの言葉か不正確です。また、用例がないので、どのように使えばよいのかわかりません。ただ、うちなーぐちを勉強しているひとにクイズの方はお遊びとして楽しめるでしょう。

8.うちなーぐち紀行
どこの言葉かまったく不明のものが羅列されいます。これをどうしようというのか分かりません。また、ページの設計が悪く、とても読みづらくなってます。

これ以上調べてみても大同小異で、いちいち論評するのに疲れます。なんとまあ、いい加減なうちなーぐちページの多いことでしょうか。言葉は音と不可分です。それが出鱈目ではどうしようもありません。英語の辞書であれば、かならず音韻記号が示されています。カタカナで発音を表記したものはダメ辞書なのは常識です。まさしく、うちなーぐちを「似た」音で仮名書きしたものはダメです。

インターネットがだめでも、英語であれば参考書や良質な音源がありますが、うちなーぐちを勉強するためのまともな参考書が少なく、音源も正しい発音のものがまず手に入らないのが現状です。せめてこちらを参考にして勉強されることをお勧めします。再三繰り返しますが、ウチナーヤマトグチは沖縄語ではありません。

「うちなーぐち」Google検索(1)

「うちなーぐち」をキーワードにして、Googleで検索をしてみました。その結果、間違いだらけのものを堂々と掲載しているページが何と多いことか改めて驚くばかりです。検索順位順にコメントしてみます。

1.沖縄の方言を徹底解説!日常会話で使われる定番のウチナーグチ(沖縄方言)人気TOP10をおばーに喋ってもらってみた
ここで紹介されているのは、本文でもちらっと言ってますが、ウチナーヤマトグチで、うちなーぐちではありません。年配の女性の用例サンプル動画掲載しても、意味がないでしょう。年配女性のことを「おばー」と呼ぶのは正しいうちなーぐちではありえません。もっとも沖縄県人は普通にそのように言うようですが。ウチナーヤマトグチは沖縄県人に任せ、私たち県外人は普通の共通語で話すべきです。

2.今日から使える!うちなー(沖縄)方言|日常会話あるある編
こちらも上記同様、ウチナーヤマトグチでうちなーぐちではありません。これを実際に県外人がウチナーヤマトグチを共通語に混ぜて使ってどうしようというのか、失笑をかうでしょうね。「今日から使える」とは理解できません。

3.沖縄の観光に役立つ情報 沖縄方言|南都
ほんの少しうちなーぐちの単語が紹介されていますが、発音はまったく無茶苦茶です。たとえば、「夫」は正しいうちなーぐちでは「歹婢」[‘utu]ですが、「うーとぅ」となっています。これはどこの言葉でしょうか。「使ってみようウチナーグチ」は前二者同様、まったく役に立ちません。

4.沖縄方言 – Wikipedia
こちらはまともな言語紹介で、うちなーぐちの概要を得るため一読をお勧めします。

5.今日から使える!うちなー(沖縄)方言|沖縄ではこう言います編 – 沖縄ラボ
こちらもウチナーヤマトグチの断片的な紹介で、1,2,3同様うちなーぐちではありません。

以上、Wikipedia以外、まともなものがありません。6以下は近日にアップ予定です。
(続く)

「ウチナーグチ辞典」-その後

「ウチナーグチ辞典と言えない」で取り上げた「ウチナーグチ辞典」ですが、誤りが非常に多いので訂正するよう提案したところ、辞書自体がサイトから削除されていました。誤り指摘を謙虚に受けて、全体を改善して行く努力なく、いきなり削除されるとは残念です。どういういきさつで削除されたのかをメールで問い合わせるまでもないかなと思っています。

今でも「うちなーぐち」でGoogle検索すると、出てくるサイトはとてもウチナーグチとは言えない「ウチナーヤマトグチ」をとくとくと(?)正しいウチナーグチとして紹介しています。中には年配の女性の語りを動画にしているものもありますが、その女性自体のうちなーぐちも崩れています。その地方(しま)では、そのように言うと強弁されるでしょうが。

数百もあるしまく婢より、まず伝統芸能に必須のしゅく婢を学習し、そこから特定のしまく婢に入って行くべきです。ネットに上がっている、もはや沖縄語とは言えない「ウチナーヤマトグチ」についての断片的な知識は何の役にも立ちません。よく「沖縄県人はこう言う」と反論を聞きますが、かなりの高齢者以外、沖縄県人自体正しいうちなーぐちが話せないのが現状です。動詞の語尾変化、グロッタル音を始め、出鱈目なうちなーぐちの横行に暗澹たる思いがします。