沖縄語を話そう

沖縄語の保存

言葉は文化の根幹です。言葉が失われれば、文化は消滅します。このサイトはこれから沖縄語(首里言葉)を勉強しようとするひとのためのものです。私は2016年夏に沖縄語の音声を表す文字フォントが外字以外にないことを知り、フォントセットを作りました。その後、それまでまったく知らなかった沖縄語の勉強をスタートした超初学者で、育ちも生まれも東京です。

いま沖縄でも若い世代のほとんどは沖縄語が話せず、話せる高齢者の数は年々減少しています。沖縄語の正しい発音が失われつつあり、公に上演される沖縄伝統芸能でさえ、私が聞いても明らかに間違っているものが堂々とまかり通っています。東京都内にある沖縄料理店などで歌われるものは、歌い手が沖縄県出身であるのに、どこの言葉かというほどの出鱈目ぶりです。あなたが沖縄伝統芸能、唄三線を志すのであれば、ぜひ本サイトをスタートポイントとして、正しい沖縄語とその発音を身に着けられるよう願っています。

プロフィール&謝辞

小林ひとし
self駿河台大学名誉教授
同文化情報学研究所特別研究員
工学博士
東京ヤクルト・スワローズの熱烈ファン
FC東京サポーター

沖縄文字について、「沖縄語教育支援文庫」の船津好明さん、沖縄語については沖縄言語教育研究所主宰の國吉眞正さんにアドバイスをいただきました。

このサイトを構成するにあたり『ワニchanのうぇぶわーるど』の Expression Web サンプルテンプレート を利用させていただきました。

▲このページのトップへ