資料集を作りました

本サイトのサブとして資料集のサイトARCHIVESを立ち上げました。沖縄文字を使用して、簡単に正しい発音で読めるように工夫された資料で、今後末長くレファレンスとして重要な価値を持つものです。パソコンやタブレットの表示画面を意識したサイト設計ですが、最近の画面の大きいスマホでも十分読めるはずです。アーカイブとして広く利用されるよう資料数を増やす予定です。

謝辞
サイト作成にあたりWordPressを新たにインストールせず、本サイトのサブディレクトリとしました。これによりサイトの統一感が保たれています。作成にあたってはテンプレートキングの複数サイト運用方法(サブディレクトリ型)を参照いたしました。WordPressの現行バージョンと異なる点がありますが、ほぼ記述通りでサイト作成ができました。

第4世代iPod復活

2004、5年に在外研究でカリフォルニア州に住んでいるときに、South Coast Plazaのアップルストアで購入したクリック・ホイール、白黒液晶、40GBの第4世代iPodの改造です。さすがに15年経過して動かなくなりました。むろん、今持っているiPhoneに音楽を入れているので、そちらを使えばいいことですが、やはり思い出の品なので復活にチャレンジしてみました。作業はバッテリー交換と、内蔵ハードディスクのSSD化です。

ネットの情報を参考にしました。おそらく最大の難関は金属製の背面カバーの取り外しです。これはネジで固定してあるのではなく、がっちりはめ込みになってます。交換用バッテリーに付属してきたプラスチック製の棒で、先端がヘラ上になっている部分を本体と背面カバーの間に少しずつ差し込んでカバーをずらして外します。おそらく全体の作業量の90%ほどの作業で、液晶面を割ってしまったひともいるようなので、慎重を要します。

背面カバーが外れれば、後は簡単でした。内部のリボンケーブルを切らないように気を付けてバッテリー、ハードディスクを外して新品に交換するだけです。ハードディスクの方はあまり大容量にしてもクリックホイールで選曲する関係上、アルバム・曲数が多いと目的のものを出すのにやっかいです。そこでCFアダプタに64GBのマイクロSDカードを入れ、「変換名人 CFカード → 東芝1.8″IDE変換アダプタ」でSSD化したハードディスクを交換すれば作業完了です。この手の作業に慣れないひとでも、2時間あれば十分の作業です。完成した改造iPodのフォーマット後の空き容量は54GBで、十分な容量になりました。コストは3千円弱なので、愛着のあるiPodとパソコン(iTunesを使うので)を持っていなければ、ここまでやる必要はないかもしれません。

こうして復活したiPodに沖縄民謡を入れて、楽しんでいます。むろん、現代のデタラメうちなーぐちの歌手ではなく、「本物の唄三線」で紹介した名人のものです。このiPodがいつまでもつか分かりませんが、元ラジオ少年の暇つぶしでした。

老年ボケ易く学なり難し・ロシア語

新年おめでとうございます!
今年は何か新しいことを始めたいと思い、大学時代に第2外国語で苦しめられた(?)ロシア語を再度初歩から勉強し直そうと始めました。月日は百代の過客ではないですが、昨年もあっと言う間に過ぎ、年齢と共に時間が飛び去るような感がします。

昨年のサッカーW杯でロシア各地のスタジアムや観光のテレビ紹介で、「あっ、そうそう昔(!)ロシア語を勉強したんだった」と思い起こしましたが、ほとんど忘れしまっていて愕然としました。大学時代には教養課程(今の一般教育ですね)で1、2年生週に2回の授業で、教えて下さったのは横田瑞穂先生で、ショーロホフの長編翻訳で著名な先生でした。私は科学技術で英語以外ならとロシア語を選択したのですが、先生にしてみればアルファベットから「これは〜です」などと大先生にはお気の毒な講義だったでしょう。教科書はロシア(当時はソ連)製(と思います)のニーナ・ポターボヴァのRussianでした。装丁も紙も粗末なもので、ページがバラバラになりそうなものでした。

再学習なので焦らず、まずは「ニューエクスプレス・プラスロシア語 黒田龍之介」(白水社)でスタートし、辞書はスマホアプリの「プログレッシブ ロシア語辞典」を使うことにしました。パソコンとスマホにもロシア語キーボードをインストールしました。パソコンのキーボードのロシア語タッチタイピングは対応表を作って、間違え間違えポチポチと打ってます。単語の覚え直し、一番の難関である格変化に再挑戦です。何か目標がないと励みにならないので、気候の良い時に、サンクト・ペテルスブルグ(旧レニングラード)散策と、エルミタージュ美術館に訪れることができたらいいなと思っています。

日本語入力キーボードは?

パソコンで原稿をかくときに、キーボードから日本語入力しますが、皆さんはどうしてますか。私は昔の機械式の英文タイプライタや、プログラミングで慣れたせいで、ローマ字入力しかできません。今この文章を入力しているパソコンもUSキーボードで、カナ文字はありません。カナ入力の方がタッチ数が少ないので、速く入力できるようです。確かに、たとえば手書きの原稿を横に置いて清書としてパソコンに入力するのであれば、速度の点では優れているのでしょう。しかし、文章を考えながら入力するとなると、速度は問題ではなく、自分の思考について行ければ、ローマ字入力でも十分です。頭の中で、日本語→ローマ字とするのは、思考の妨げになりそうですが、ローマ字入力に慣れたせいか、私にはまったく負担になりません。キーボード入力の速度にこだわるひとの中には「親指シフト」を勧めるひともいます。私はやってみたことがないので、その良し悪しはわかりません。結論として、ローマ字入力でもカナ入力でも、自分に使いやすい方法で日本語入力すればよいと思います。

どちらのキーボードを選ぶにせよ、大切なのはタッチタイピングです。キーボードに目を落とさず、画面を注視しながら入力しないと、それこそ思考が途切れます。ついでながら、タッチタイピングのことを「ブラインドタッチ」というひとがいますが、これは和製英語です。タッチタイピングは自転車に乗るのと同じで、一度できるようになれば、一生忘れません。無料の練習ソフトもあるので、まだできないひとはチャレンジしましょう。