沖縄口朗読用読本「昔物語」

琉球新報社からうちなーぐち朗読用読本「んかしむぬがたい(國吉眞正)が先月出版されました。全50話中前半の25話の著者による朗読音声CD付です。見開き2ページで物語本文と語句の説明というレイアウトです。本文は沖縄文字で記述され、漢字には全て沖縄文字のルビが振られています。語句の説明は沖縄語の初学者でも分かりやすい親切なものです。巻末には全50話の共通語(いわゆる標準語)訳があります。

今までに出版されてきた沖縄語書籍は、まず発音表記がまちまち、あるいは誤りだらけで、沖縄語辞書にもない語句の説明もなく、実際にどのように発音されるのか、まったく不明のものばかりでした。かろうじて一冊だけ、「沖縄語の入門」(白水社)がCD付きで、かつ語句説明もしっかりしたものとしてありました。とは言え、「沖縄語の入門」の方は、まとまったストーリーのあるものではなく、沖縄語の紹介としての役割が与えられています。

「昔物語」ではストーリーの記述、登場人物の言葉遣いが、丁寧語、尊敬語、謙譲語、日常語などに書き分けわれているので、シチュエーションによりどのようになるのかが、とてもよく分かります。断片的な沖縄語ではなく、言語の持つ生活実態や文化・時代背景が活き活きとして、沖縄語の持つ豊かな音韻と語句を学習する上で、今のところこれ以上の本はないと言ってもいいでしょう。

かなりの高齢者を除き、今では大多数の沖縄県人は沖縄語が話せないし、理解できません。インターネットにある沖縄語のほとんどはデタラメです。三線の師範と言われる人たちや、伝統芸能の組踊演者も、発音があやふやだったり、歌詞の解釈が誤っていたりしています。言語は文化の根幹ですが、沖縄語はまさに絶滅危機言語になっています。これから沖縄語の保存・継承は容易ではないでしょうが、次世代の沖縄県人への指針として本書が役立つことを願っています。

本物の唄三線

Eさんのオススメにしたがって、琉歌の名人を聴いてます。登川誠仁、山内昌徳、幸地亀千代、嘉手苅林昌、普久原朝喜、山里ゆき(敬称略)です。うちなーぐちのネイティブではない私には、歌から言葉を聞き取ることはとても難しいですが、資料を調べたり、Eさんに教えてもらっています。単音楽器である三線に乗ったうちなーぐちの響きは美しいものです。

Youtubeにアップされているものには、かなりひどいものがあります。うちなーぐちができないのに琉歌を歌っているのが、素人の私でもありありと分かります。最近のJ-Popにはやたら英語が混じりますが、英語ができないのにカタカナや聞き覚えで歌っているのは、何言ってんのと聞くに耐えません。それと同じことが言えます。

なにしろ師匠と自称(?)するひとでも、うちなーぐちができないと
胸=んに 稲=望に 夫=歹婢 音=う婢 犬=いん 縁=杖ん etc
を正しく区別できていません。笑えるのは琉歌によく出てくる「梅」です。正しいうちなーぐちでは「望み」ですが、師匠によっては「うぅみ」、「うんみ」、「うみ(こもらせて発声)」と、弟子が先生ごとに発音を変えている例がありました。うちなーぐちができるという沖縄県人でも、沖縄で現在話されている発音、文法もまったく違っている「やまとうちなーぐち」です。沖縄県出身の師匠でも、うちなーぐち、特に首里言葉が身についている本物かどうか見分けなければならないでしょう。

沖縄語辞典(国立国語研究所)

うちなーぐちの勉強に欠かせないのが沖縄語辞典ですが、現在手軽に買えるのは「沖縄語辞典ー那覇方言を中心に」(内間直仁、野原三義 編著 研究社)です。定価も3千数百円で手頃なのですが、古典芸能で使われる首里言葉ではありません。明治維新の廃藩置県まで、首里は琉球王府の政治・文化の中心で、首里言葉は共通言語として、奄美を除く琉球列島全域で使われていました。その後経済、物流の中心が那覇に移り、那覇方言がよく使われるようになりましたが、両言葉は一部が異なるだけで、非常によく似た言葉です。

首里言葉の特徴として、同輩、目上、目下、性別など非常に細かい使い分けがあり、非常に精緻かつ優雅な言葉です。例えば、組踊のセリフでも登場人物同士の会話を聞いただけで、双方の立場がすぐにわかるようになっています。首里言葉を日常に使っているひとは、もういません。東京周辺で話せ、教えることができるひとは、私の知る限りでは「うちなーぐち神奈川」で学習支援している國吉眞正さんのみです。よく沖縄料理の店の主人で、うちなーぐちができるというひとがいますが、祖父母から聞きかじったとおぼしい怪しげな方言を滅茶苦茶な文法で得意げに「うちなーぐち」と言っています。なにしろ、唄三線の師匠でさえ、正しい首里言葉を話せないのがほとんどなのですから。

さて、辞書に話を戻すと、首里言葉の辞書として信頼できるものは、「沖縄語辞典」(国立国語研究所)のものですが、残念ながら現在は絶版状態で、古本として買おうとすると程度の悪いものでも1万6千円、良いものだと4万円弱と高価になっています。沖縄語学習者の人々が再版を希望していますが、今のところその予定はありません。ただ、この辞典のPDFファイルが国立国語研究所の公開データベースにあります。これをダウンロードすれば電子的には無料で手に入ります。もっとも辞典をスキャナでPDF化したものらしく、あまりきれいではありませんし、語を引くのにも不便です。私はAcrobatで二つに分かれている辞書PDFを一つにまとめ、先頭に1ページ加えて、そこに見出し語のリンクを作りタブレットで利用しています。それをここに提供できれば良いのですが、オリジナルの著作物を勝手に改変したことになるので、公開・ダウンロードできるようにできないのが残念です。

与那の高ひらや

沖縄語辞典(研究社)の巻末付録にある琉歌792(トーバル)です。

与那の高ひらや汗はてと登る無蔵と二人(たい)なれば車とう原

が新宿教室で話題になりました。伊波普猷全集からの引用のようですが、この表記通りに共通語(いわゆる標準語)の話者が歌うのは大間違いです。ウチナーグチの音を表す文字がなかったため、便宜的に仮名漢字交じり文で表記したものです。正しい発音は沖縄文字を使ってルビ付きで表記すると、

与那ゆなたか懲らやあしは廒嬨ぬぶ二人たいなりばくるまとーばる

となります。ウチナーグチの話者、歌い手は上の仮名漢字交じり文の表記から、下のように発音するのです。つまり、ウチナーグチができないと、琉歌は歌えないのですね。

かなり高名な唄三線の先生でも、まともなウチナーグチ、特に首里言葉に堪能でないと正しい発音で歌えていません。師匠の免状を持っているひとでも、平気で(?)間違った発音で歌っているので、唖然とします。そればかりでなく、間違ったものを弟子たちに平然と伝えている例が多いのです。また、地方の民謡となると、その地方のウチナーグチで歌わなければなりません。音声が録音として残っていればよいのですが、そうでなければ絶滅状態の言葉を文字を頼りに歌う、でたらめなものが後世に伝わるのでしょう。

子供時代から首里言葉に慣れ親しんだ師匠は希少かつ、高齢になっています。若手の師匠の中には「うちなーぐち神奈川」の教室に通い、熱心にウチナーグチを勉強されているひとがいるのが救いでしょうか。。

グロッタル音

うちなーぐち特有の発音にグロッタル音、声門閉鎖音、あるいは声門破裂音があります。 正式には[ʔ]で表しますが、便宜的に[?]でも表すことがあります。閉鎖したり、破裂したりで、どう発音すればよいのか初心者には謎です。ウィキペディアの声門破裂音を見ても、どう発音すればよいのかは分かりません。「沖縄語の入門」(西岡 敏、仲原 穣)によれば、

一瞬、喉がきゅっと締まり、そのあと音がひゅっと飛び出てくるような音です。(48ページ)

と書いてあります。これを読んだ人は、どうすればいいかまったく分からないばかりでなく、この説明ははっきり言って、間違っています。それより「Okinawan-English Wordbook」(Misugugu Sakihara)(下記の例も同書による)にあるように、

the sound used in English in the informal words uh-huh ‘yes’ and uh-uh ‘no’.(xページ)

つまり、よく英会話中に聞く、「アッハ」(そうだ)、「アッアッー」(ちがう)のuhの音と言った方が分かりやすいと思います。

紙の上であーだ、こーだ言っているより、ちゃんとした(まともな)うちなーぐちができるひとに教えてもらえば簡単です。一度でも「うちなーぐち神奈川」の教室に見学参加してみれば、すぐできるようになります。

うちなーぐちができると自称するひとでも、特に若い世代はグロッタル音に無頓着です。グロッタル音の有無で、言葉の意味が違いますが、同じように発音する沖縄県人が多くなりました。

<例>
いん(犬) 杖ん(縁)
えーま(間) 殺ーま(八重山)
おーじ(扇) をーじ(王子)
揄ー(君、おまえ) やー(家)
敖ー(豚) わー(輪)
望に(稲) んに(胸)
望じゃなー(どもり) んじゃなー(苦菜)

困った師匠に困る弟子


やなじみどぅり はなくれな瀞
ふぃとぅなさき うんみにをぅ瀞
勝連繁雄「改訂歌三線の世界ー古典の魂ー」

やなじどぅ はなくれな瀞
ふぃとぅただただなさき うむみにをぅ瀞
勝連繁雄「琉球舞踏の世界ー私の鑑賞法ー」

上は同じ著者による「柳節」ですが、「梅」の読み仮名が「うんみ」と「うむみ」と違っています。唄三線の師匠Aは弟子に「うんみ」、師匠Bは「うむみ」と、それぞれ書いてある通り歌いなさいと指導しています。師匠が違うと発音が違い、弟子は「Aのときは『うんみ』、Bのときは『うむみ』」と、使い分けされられています。本当の発音は「望み」(?Nmi)で、おそらく著者は仮名で発音を表すのに苦労したのでしょう。うちなーぐちがちゃんとできない師匠は、文字通りに発音するしか知識がないようです。そんな師匠では弟子が気の毒です。

うたさんしんしょーぬ望じとー廒、沖縄うちなーぐちからん―杖。
(唄三線の先生なのに、沖縄語も分からないのか。)

こんな師匠に付くのはやめましょう。
(参考:國吉眞正さんによる琉球新報論壇2012年9月22日を参考にしました)